ランドセルにもお手入れは必要!長持ちさせるためのお手入れの方法

ランドセルを長持ちさせる時に選ぶのポイント

日々多くの教科書を収納して6年間通学するからこそ、ランドセルを選ぶ時には本体の重量感のみならず耐久性についても目を向けるべきであり、採用されている素材によっても耐久性が左右されるため、素材を選定基準にして製品選びを進めていきましょう。

現在採用されている素材は天然革もしくは人工皮革なのですが、主流として採用率が高いのはクラリーノと呼ばれる人工皮革の素材です。

大人向けのバッグなどの場合は人工皮革よりも天然革の方が優れているという認識がされていますが、活発な子供が使用するという観点では人工皮革の方が優れています。

傷と雨にも強い事から6年間の使用にも破損せず耐える事ができ、雨天時も内部に水が染み込み教科書を濡らしたりランドセルに染みが付いてまうという心配もありません。

また、いつも重たい教科書を収納していると金具や縫い目が破損しやすいため、負担が生じやすい部分の部品がしっかりとしている製品を選ぶ事もポイントです。

ランドセルを長持ちさせるお手入れの方法

6年間にわたる登下校時には何度も雨の中で学校と自宅の間を往復をする機会があり、傘を使用していてもランドセルが雨に濡れてしまいますが、ドライヤーを用いて乾かしたり直射日光の下で乾かすのはやめましょう。

ドライヤーや直射日光の熱により表面が傷んでしまうため、表面に付着している水滴を取り除くのであれば吸水性が高い布を用いて、優しく吸い取るようにお手入れするのがポイントです。

また、使用するのは柔らかい素材の布に拘り強く擦らずに軽く当てるようにしながら吸い取っていきましょう。

そして、夏休みや冬休みなど長期間にわたってランドセルを使用せずに保管しておく時には教科書などは全て中から取り出し、何も入っていない状態にして保管します。

教科書の置き場所が無い場合はつい内部に収納したまま放置してしまいがちになりますが、詰め込んだまま置いておくと型崩れの原因になるため中から全てを取り出し、雨に濡れてしまった時と同様に部屋の中で直射日光が当たらない所を探し、休みが終了するまで置いておくと長持ちさせられます

 

ランドセルの素材選び|背当てにおすすめの素材と特徴

ランドセルの背当ての役割と素材を選ぶ時のポイント

ランドセルの背当ては直接身体に接する部分が多くなっているので、非常に大切な部分となっています。

背当てと背中がしっかりと密着することでランドセルを支えるという大きな役割があります

素材を選ぶときは肌触りが良いものを選ぶことが重要です。

天然皮革を選択するときはソフトに仕上げられた牛革を用いると良いです。

硬めの牛革を使用するとゴツゴツした感じが残って、背負いづらかったり痛くなってしまいます。

天然皮革は毛穴で呼吸を行っているので通気性が良いというのが特徴です。

毛穴が通気口のような働きをしているので、汗をしっかり吸収してくれます。

吸湿性も有しているので大量の汗をかいてしまいがちな夏でも快適に使うことができます。

温もりがあって高級感を演出してくれるだけでなく、手触りも良いので心地よく使うことが可能です。

人工皮革を選択した場合は、水や汗に強いので夏でも快適に過ごすことができます。

軽いという点も魅力の一つです。

ランドセルの背当てにおすすめの素材とその理由

ランドセルの背当てに使用する素材は、耐久性と通気性があるものがおすすめです。

その理由は、ランドセルは小学校の6年間ずっと使い続けるものなので、すぐにくたびれてしまうと使いづらくなってしまったり、場合によって新しいものを買ったりしなければならなくなるからです。

背当ての部分は背中にくっついているので、消耗が激しくさらに湿気がこもって蒸れやすくなっています。

通気性が良いものを使用することで違和感なく快適にランドセルを背負うことができます。

丈夫で通気性が良い素材は天然皮革です。

天然皮革の中でもソフト牛革は吸湿性があると言われているのでおすすめです。

牛革は天然皮革なので毛穴が存在します。

毛穴は通気口のような役割を担っているので汗をかいてしまった場合でも毛穴から水分を吸収してさらさらと気持ちよくしてくれます。

背中だけでなくランドセルの状態もさらさらにしてくれるので清潔です。

汗をかきやすい夏でも安心して使用することが可能です。

 

ランドセルの素材選び|かぶせにおすすめの素材と特徴

ランドセルのかぶせの役割と素材を選ぶ時のポイント

ランドセルの「かぶせ」とは、ランドセルの収納部に被せる蓋の部分のことです。

一般的なタイプは、ランドセル下部まで覆っていて、そこにある金具(錠前)で開閉するタイプです。

最近では、覆っている部分が半分で金具が背面についているタイプも、そのおしゃれな見た目から人気が出てきています。

この「かぶせ」の主な役割は、雨やほこりから中を守ることです。

素材は、牛革・コードバン(馬のお尻の皮)・クラリーノ(人工皮革)の3つが主に使われています。

それぞれ値段や特徴に違いがあります。

素材を選ぶ時のポイントは、特徴と違いを把握し、どの点を重要視するか絞って検討して選ぶと良いでしょう。

時代の移り変わりともに、技術が進歩したことで少しずつ変化している部分もありますが、1番目につく部分であり、ランドセルを守る役割のある大切な部分です。

ランドセルは決して価格が安い物ではありませんし、小学校の6年間という長い期間持つ物ですので、しっかりと検討することをおすすめします。

ランドセルのかぶせにおすすめの素材とその理由

素材には、牛革・コードバン(馬のお尻の皮)・クラリーノ(人工皮革)と主に3つありますが、おすすめはクラリーノなどの人工皮革です。

昔は主流だった牛革は、見た目の高級感や耐久性に優れているなどの点では魅力がありますが、値段が高く耐水性が悪いので手入れが大変なものもあります。

やはり7万以上の高価な物は購入しにくいですし、小学生に革製品の手入れをさせるのは難しいところがあります。

コードバン(馬のお尻の皮)も牛革と同様に高品質ですが、牛革よりも希少性が高く、価格は牛革以上です。

ランドセルとしては、なかなか手が出しにくい金額です。

他の2つの素材に比べ、クラリーノなどの人工皮革は、値段も手頃で重さも軽くお手入れが簡単などの魅力があります。

型崩れしにくく耐水性にも優れているので、雨などからランドセルを守る役割の「かぶせ」には大切な要素も持ち合わせています。

また、天然皮革に比べ、カラー展開も多く豊富な種類の中から選ぶこともできます

このような理由から、ランドセルの「かぶせ」にはクラリーノなど人工皮革をおすすめします。

ランドセルの本革と人工皮革を比較!それぞれのメリットとデメリット

ランドセル選び|天然皮革のメリットとデメリット

本革は使いこむほどに味わい深く柔らかく馴染んでくるため、ランドセルとしても使いやすく見た目にも高級感があるのがメリットです

手触りの良さや本革ならではの艶や匂いといった上質さなども魅力です。

6年間毎日のように長く使うものだからこそできる経年劣化も愛着に変わり、丈夫で通気性が良い点もポイントです。

一方デメリットは、水分や湿気に弱いため雨の日は厄介で手入れが必要となり、色あせなどの劣化が目立ちやすく値段も高価であることが挙げられます。

しっかり水分を逃がさないと臭いやカビの原因となり、色落ちや劣化を引き起こす場合もあります。

こうした劣化や風合いが損なわれるのを防ぐようカバーをするなど工夫をしたり、こまめに手入れをしたりするなどであれば、長持ちする天然皮革は風合いも良く後々保存して思い出の品として残すことも容易です。

一つ一つ表情や手触りなど印象が異なるのも天然皮革の特徴で、オリジナリティが強いこともメリットと言えます。

人工皮革のメリットとデメリット

人工皮革は耐水性に優れ汚れにも強いため、雨に塗れたり汚れや傷が付きやすいランドセルにはうってつけの素材で、しかも軽く手入れの必要がないという便利さや手軽さが最大のメリットです。

多少乱雑に扱っても汚れや傷みを気にせずに6年間使用することができ、しかも軽量なので小さな子供にも安心して選ぶことができるのが特徴と言えます。

その一方で、使い続けるうちにどうしても劣化は目立ち長持ちはしにくいため、本革と比べると経年劣化を楽しむことはできないのがデメリットです。

また人工皮革は熱に弱く、高温になる場所に長く置くと劣化が進んでしまいます。

高温になる真夏の車内や、直射日光が長時間当たる場所は避けるなどの注意が必要です。

時間が経つにつれそれなりに古びた印象になってしまうことは避けられませんが、小学校の6年間だけ使うものだと割り切っていれば見た目の変化のみで使用感や安全性には問題なく、軽いという点は子供にとって何より嬉しいメリットです

 

ランドセルの人工皮革|クラリーノとコードレを比較

クラリーノの特徴と長所と短所

クラリーノは合成皮革と同じように考えられがちですが、全く別の物です。

特殊な合成繊維を立体感があるように組み合わせた不織布を基礎として、ポリウレタン樹脂で表の部分を加工して作っています。

昔はそれほど普及されていませんでしたが、現在では多くの人に支持されています。

価格が安いというのが大きな特徴です。牛革を使用したものと比べると重さも非常に軽いので、身体に対する負担が少なく背負いやすくなっています。

耐水性があるので雨の日でも安心して使うことが可能です

水に強くなっているのでお手入れは簡単です。

傷に強い加工がされている場合も多いので、元気に動き回るお子様でも使いやすくなっています。

短所は天然の牛革と比較すると耐久性が落ちてしまうことです。

現在のクラリーノは技術が進んでいるので昔よりも強度は上がってきています。

しかし密度が高い牛革と比較すると若干劣ってしまうので注意が必要です。

また、質感も牛革のものと比べると少しランクが下がってしまいます

コードレの特徴と長所と短所

コードレはランドセルを代表として、一般靴やスポーツシューズ、車両用ハンドルカバー、ボールなどたくさんのものに使われている素材です。

天然皮革とよく似ているつくりになっているという特徴があります。

クラリーノと比べると少しゴツゴツしている感じがあります。

無骨で骨太な印象があるので、やさしくてふんわりとした感じではなく、力強い感じが好きな人におすすめです。

長所は軽くて丈夫につくられていて、お手入れが簡単にできるという点です。

軽いので力が強くないお子様でも背負いやすくなっています。

軽いランドセルを探している人にはおすすめです。

天然皮革よりも安く購入できるので経済的になっています。

水や傷に強いので、雨が降っていてもあまり気にしないで使うことが可能です。

短所は扱っているところが少ないことです。

また、天然皮革のような感じではありますが、比較してしまうと品格は少し下がってしまいます。

天然皮革は使っていくうちに味わいが出てきますが、コードレは使用し続けても味わいは出てきません。

 

素材の質感にこだわったランドセルと特徴

素材の質感にこだわったランドセルを5つ紹介

小学校に入学する際には、ランドセルに強いこだわりを持って選んでいる親子が増えています。

さまざまな種類の商品が販売されていますが、それらの中でも素材の質感にこだわり抜いて作られているランドセルが高い人気を誇っているのです。

5つある中でも、牛革を使用したランドセルは、丈夫で壊れにくい点が特徴といえます。

また、柔らかい手触りの羊の素材で製造された商品は、軽くて助かると喜ばれているのです。

さらに、A4サイズの大きさの種類がすっぽりと入る大きめのデザインは、プリント類が楽に持ち運べると保護者からも絶大な支持を得ています。

その他にも、軽量で水に濡れても乾きやすいナイロン素材は、大きな注目を浴びているのです。

ソフトレザータイプのランドセルは、男女ともに受け入れやすいと口コミでも評判を集めていて実用的な面が圧倒的な満足度を誇っているといえます。

このように、万全の準備で小学校への入学を果たしている子供達が増加しているのです。

質感に特徴のある素材は

合成皮革で作られているランドセルは、軽い点がメリットです。

一方、牛革素材のものは丈夫で型崩れがしにくい点が便利で役立つと親しまれています。

質感に大きな特徴があるランドセルの素材としては、牛革が挙げられます。

使えば使うほど徐々に味わい深い色合いが出てきますので、時間が経つほどに愛着が湧いてくる商品として選ばれているのです。

そして、美しい光沢が特徴的なコードバンは、なめらかなしっとりとした手触りが抜群で、魅力の一つとなっています。

傷が付きにくく長期間使い続けることが可能なため、保護者からの評価とおだわりが年々増してきているのです。

さらに、クラリーノは豊富なカラーバリエーションが絶対的な支持を得ています。

天然皮革製品と比較すると仕上がりに少し差がありますが、安価で手軽に購入できてリーズナブルだと選ばれているのです。

このように、後悔することのないランドセル選びをするなら、質感や使いやすさ、機能性にも徹底的にこだわることが大切です。

 

ランドセルに使われるコードバンの特徴と手入れの仕方

コードバンの特徴とメリット・デメリット

コードバンは馬の臀部の皮を裏側を使った大変貴重なレザーで、ランドセルの他にも高級靴の素材としても有名です。

しかも、年々生産量が減っている為、価格が上がり続けています。

コードバンのメリットはひと目でわかるほどの高級感と使い込んでいくうちに味わいが出てくることなどがあります。

他にも牛の革に比べると耐久性にも優れていて、身体にもフィットしやすいのも特徴です。

しかし、貴重なレザーゆえに高価であることや、丁寧に手入れさえすれば軽く十年以上は使えるにもかかわらず、小学生の6年間しか使用しないといったデメリットもあります。

また、水などの汚れに弱く、特に使い始めたばかりの頃に油分を含んだ水分が付着するとシミになってしまう可能性もあり、子どもが使うには不向きであると言えます。

なお、他の皮革製品と異なって専用の手入れ道具が必要となることや、定期的にお手入れをしないと汚れが取れなくなったり、独特の風合いが出てこないこともデメリットのひとつです。

コードバンのランドセルの特徴と手入れ方法

コードバンの見た目はつるつるしているので、一見スムースレザーの様に見えますが、実は皮を一旦、起毛させてから寝かしつけることで独特の風合いを生み出しています。

そのため、ベロアやスエードの仲間とも言えますが、これらの革とは異なりお手入れの際にはクリームなどを使うことができます。

具体的なお手入れ方法ですが、まずブラシを使ってランドセル全体の汚れを落としていきます。

特に汚れが溜まりやすい縫い目などは丁寧にブラッシングしましょう。通常、革製品の汚れを落とすためのブラシは豚毛を使ったものが一般的ですが豚毛は硬すぎるので馬毛を使う必要があります。

汚れを落としたらブラシで専用のクリームを塗っていきますが、薄く少しずつ塗っていくのがポイントです。

また、コードバンは牛の角などでできたスティックを使って表面を押さえるようになでることで水のシミが消えツヤが出てくるのが特徴です。

そして最後に柔らかいクロスなどを使って余分なクリームを拭き取りましょう。

ランドセルに使われる本革の種類と特徴|重さや耐久性などを比較

ランドセルに使われる天然皮革の種類と特徴

小学生の新入生が背負うランドセルには、大きく分けて人工と天然の皮革で製造されたタイプがあります。

そのうち天然の素材の種類には牛革とコードバンの二つに分けることができます。

牛革は牛の皮膚の皮を用いて製造されており、他の皮と比べても安価な特徴が見られます。耐久性にも優れており、使い続けることで艶が出てきたり、肌触りにも馴染んでいく点でも優れています。

型崩れ自体がしないですが厚みや重さがあり、雨に濡れてしまうとふやけてしまうため雨に弱いです。

一方、コードバンは馬の尻部分の皮を使っており、牛革以上の耐久性と肌触り自体も格別となります。

牛革と同じように厚さや重みを感じる点もデメリットで少数の馬からしかとることができず高級品となるので、手に入れることも難しい点もあります。

天然の皮革だと水に弱いという弱点が存在しますが、近年は撥水・防水加工の処理を施しているため、雨にも強くなっています。

他にも重さの面も人工と比較しても200g程度重いだけなので、それほど重さを感じるほどではないです

 

ランドセルの皮革による重さや耐久性などを皮革

天然の場合だと人工の皮革よりも重いと考えられがちですが、それほど意識する必要はないかもしれません。

一般的な天然のランドセルの平均的な重さは約1.4kgとなります。

一方、人工であると約1.2kgの重量となるため、天然よりも約0.2kg軽くなります

大きな違いは存在しませんが、教科書や文房具を入れた重量を背負うことになりますので、0.2kgの人工の場合であればアドバンテージを得ることが可能です。

なおランドセルは小学校6年間使われ続ける可能性が高いため、耐久性にも拘りたいかもしれません。

それについては衝撃や傷などには、人工よりも強かったりします。

雨に濡れた場合でも撥水して防水の処理が施されているため、人工と比較してもほとんど耐久性に変わりはないです。

天然を選択する決め手については、触り心地や使っていくうちに味が出てくる点となります。

6年間使っていく場合には、その使った年数分だけの良さが出てきて、思い出の一品として味わい深くなります。

 

軽いランドセルの特徴と選び方

軽いランドセルを選ぶ時のポイント

ランドセルは単に重量が軽いから良いという訳ではなく、軽いと言われるメーカーは、背負いやすさや体感重量を意識して作っています。

加えてランドセルは肩と背中に負担がかかりますから、肩への負担が軽減されている設計のものを選ぶことが重要で、重量バランスなどにも配慮したものを選びたいものです。

まだ成長過程にある子供に肩に負担がかかると、姿勢に悪影響を与え、猫背・反り腰などに繋がります。

また軽くても堅牢性がないものもあり、中の芯材に難があるものがあります。

このようなものだと6年もたず壊れてしまう可能性があり、海外メーカー製のものには芯材にダンボールを使ったものなどもあり、型崩れを起こしてしまうものもありますから注意が必要です。

重要なことは肩ベルトと背当ての構造です。

肩ベルトが肩にフィットし、背当てが背中に密着することで体感重量が軽くなり、背負いやすく体に負荷のかからないものになります。

従って肩ベルトがしっかりしていて、背当ては弾力性と通気性があり、痛みや暑さを感じないような仕組みになっていることが理想です。

 

2019年モデルで一番軽いランドセルは?

ランドセルの重量を気にする親御さんは多く、何より軽量なものを選びたいということでしたら素材が軽いものを選ぶしかありません。

6年間使用することを考えると本革がいいのですが、また傷が付きにくいことを考慮してもそうです。

しかしどうしても軽量にこだわるということでしたら、人工皮革を使用した製品を選択することになるでしょう

人工皮革を使ったものは軽量に製作しやすく、一昔前は1kgを切ることを売り文句にしていました。現在の実重量で一番軽いものは890gのものがあります。

2019年モデルの中で一番軽く、メーカーは協和で、モデルはふわりぃレジェコンパクトです。

このモデルはA4フラットファイルに対応し、900gを切る驚異的な重量です。従来の大きさと変更がなく、ヘリをなくしすっきりとしたコンパクトなものです。

人工皮革であるクラリーノとナイロンのハイブリッド設計で、ハンドルや肩ひも・ロックなどを工夫し、反射材なども付いた安全性も配慮したものです。

芯材には軽量・復元性・剛性・耐水性のある素材を使用しており、6年間の保証も付いています。

 

ランドセルに使われる人工皮革の種類と特徴

ランドセルに使われる人工皮革のメーカーと種類

ランドセルに使われている人工皮革といえばクラリーノがありますが種類が多くあります。

クラリーノはとにかく軽いことがあり、それをベースとしてより牛革に近くて光沢が抑えられているものでエフというのがありますが、シワを抑えて光沢もへっているものや光沢が残っているものや撥水性を高めたものなどがあり見た目が牛革に近くなっているのです。

アンジュエールはリボンを描いたデザインステッチが特徴的なカラフルな色合いが新鮮で、特に内装にこだわりがあり水玉模様はアンジュエールだけのものとなっています。

裁断面を磨いてニスを塗り重ねる方法が取り入れられているのです。

コードレは帝人コードレ株式会社が製造販売する人工皮革の総称でスポーツシューズやボールなどをはじめ、一般靴や雑貨やランドセルなどに幅広く使われています。

天然皮革によく似た構造をしていて、その特徴であるのです軽量・耐久性・通気機能を持って様々な色柄を展開しランドセルに使われているのです。

 

人工皮革の種類と特徴

ランドセルに使われているクラリーノには色々な種類があります。

クラリーノ・リビュートは牛革のしなやかさとメタリック加工による高級感のある独特な色合いがあり、機能性と美しさを持っているものです。

クラリーノ・タフロックは傷や衝撃に強くて、クラリーノの多くある種類の中で最も丈夫な素材となっています。

クラリーノ・レミニカは牛革のような風合いや光沢感を出しながら、頑丈に仕上げて耐久性の高さが特徴となっているのです。

クラリーノ・エフはより牛革に近いものを目指してできた人工皮革で本革の持つ高級感のあるしなやかさとシワの美しさを持っています。

その自然な風合いや軽さ、そして加工のしやすさが今日のクラリーノランドセルに使われる素材では主流となっているのです。

クラリーノ・エフを基本に光沢を抑えたものや光沢を残したものやシワをあえて無くしたものなどができました。

また本来クラリーノは本革に比べて撥水性は高いのですがより撥水性をもたせたものもあります。