ランドセルにもお手入れは必要!長持ちさせるためのお手入れの方法

ランドセルを長持ちさせる時に選ぶのポイント

日々多くの教科書を収納して6年間通学するからこそ、ランドセルを選ぶ時には本体の重量感のみならず耐久性についても目を向けるべきであり、採用されている素材によっても耐久性が左右されるため、素材を選定基準にして製品選びを進めていきましょう。

現在採用されている素材は天然革もしくは人工皮革なのですが、主流として採用率が高いのはクラリーノと呼ばれる人工皮革の素材です。

大人向けのバッグなどの場合は人工皮革よりも天然革の方が優れているという認識がされていますが、活発な子供が使用するという観点では人工皮革の方が優れています。

傷と雨にも強い事から6年間の使用にも破損せず耐える事ができ、雨天時も内部に水が染み込み教科書を濡らしたりランドセルに染みが付いてまうという心配もありません。

また、いつも重たい教科書を収納していると金具や縫い目が破損しやすいため、負担が生じやすい部分の部品がしっかりとしている製品を選ぶ事もポイントです。

ランドセルを長持ちさせるお手入れの方法

6年間にわたる登下校時には何度も雨の中で学校と自宅の間を往復をする機会があり、傘を使用していてもランドセルが雨に濡れてしまいますが、ドライヤーを用いて乾かしたり直射日光の下で乾かすのはやめましょう。

ドライヤーや直射日光の熱により表面が傷んでしまうため、表面に付着している水滴を取り除くのであれば吸水性が高い布を用いて、優しく吸い取るようにお手入れするのがポイントです。

また、使用するのは柔らかい素材の布に拘り強く擦らずに軽く当てるようにしながら吸い取っていきましょう。

そして、夏休みや冬休みなど長期間にわたってランドセルを使用せずに保管しておく時には教科書などは全て中から取り出し、何も入っていない状態にして保管します。

教科書の置き場所が無い場合はつい内部に収納したまま放置してしまいがちになりますが、詰め込んだまま置いておくと型崩れの原因になるため中から全てを取り出し、雨に濡れてしまった時と同様に部屋の中で直射日光が当たらない所を探し、休みが終了するまで置いておくと長持ちさせられます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です