ランドセルの本革と人工皮革を比較!それぞれのメリットとデメリット

ランドセル選び|天然皮革のメリットとデメリット

本革は使いこむほどに味わい深く柔らかく馴染んでくるため、ランドセルとしても使いやすく見た目にも高級感があるのがメリットです

手触りの良さや本革ならではの艶や匂いといった上質さなども魅力です。

6年間毎日のように長く使うものだからこそできる経年劣化も愛着に変わり、丈夫で通気性が良い点もポイントです。

一方デメリットは、水分や湿気に弱いため雨の日は厄介で手入れが必要となり、色あせなどの劣化が目立ちやすく値段も高価であることが挙げられます。

しっかり水分を逃がさないと臭いやカビの原因となり、色落ちや劣化を引き起こす場合もあります。

こうした劣化や風合いが損なわれるのを防ぐようカバーをするなど工夫をしたり、こまめに手入れをしたりするなどであれば、長持ちする天然皮革は風合いも良く後々保存して思い出の品として残すことも容易です。

一つ一つ表情や手触りなど印象が異なるのも天然皮革の特徴で、オリジナリティが強いこともメリットと言えます。

人工皮革のメリットとデメリット

人工皮革は耐水性に優れ汚れにも強いため、雨に塗れたり汚れや傷が付きやすいランドセルにはうってつけの素材で、しかも軽く手入れの必要がないという便利さや手軽さが最大のメリットです。

多少乱雑に扱っても汚れや傷みを気にせずに6年間使用することができ、しかも軽量なので小さな子供にも安心して選ぶことができるのが特徴と言えます。

その一方で、使い続けるうちにどうしても劣化は目立ち長持ちはしにくいため、本革と比べると経年劣化を楽しむことはできないのがデメリットです。

また人工皮革は熱に弱く、高温になる場所に長く置くと劣化が進んでしまいます。

高温になる真夏の車内や、直射日光が長時間当たる場所は避けるなどの注意が必要です。

時間が経つにつれそれなりに古びた印象になってしまうことは避けられませんが、小学校の6年間だけ使うものだと割り切っていれば見た目の変化のみで使用感や安全性には問題なく、軽いという点は子供にとって何より嬉しいメリットです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です