ランドセルの素材選び|かぶせにおすすめの素材と特徴

ランドセルのかぶせの役割と素材を選ぶ時のポイント

ランドセルの「かぶせ」とは、ランドセルの収納部に被せる蓋の部分のことです。

一般的なタイプは、ランドセル下部まで覆っていて、そこにある金具(錠前)で開閉するタイプです。

最近では、覆っている部分が半分で金具が背面についているタイプも、そのおしゃれな見た目から人気が出てきています。

この「かぶせ」の主な役割は、雨やほこりから中を守ることです。

素材は、牛革・コードバン(馬のお尻の皮)・クラリーノ(人工皮革)の3つが主に使われています。

それぞれ値段や特徴に違いがあります。

素材を選ぶ時のポイントは、特徴と違いを把握し、どの点を重要視するか絞って検討して選ぶと良いでしょう。

時代の移り変わりともに、技術が進歩したことで少しずつ変化している部分もありますが、1番目につく部分であり、ランドセルを守る役割のある大切な部分です。

ランドセルは決して価格が安い物ではありませんし、小学校の6年間という長い期間持つ物ですので、しっかりと検討することをおすすめします。

ランドセルのかぶせにおすすめの素材とその理由

素材には、牛革・コードバン(馬のお尻の皮)・クラリーノ(人工皮革)と主に3つありますが、おすすめはクラリーノなどの人工皮革です。

昔は主流だった牛革は、見た目の高級感や耐久性に優れているなどの点では魅力がありますが、値段が高く耐水性が悪いので手入れが大変なものもあります。

やはり7万以上の高価な物は購入しにくいですし、小学生に革製品の手入れをさせるのは難しいところがあります。

コードバン(馬のお尻の皮)も牛革と同様に高品質ですが、牛革よりも希少性が高く、価格は牛革以上です。

ランドセルとしては、なかなか手が出しにくい金額です。

他の2つの素材に比べ、クラリーノなどの人工皮革は、値段も手頃で重さも軽くお手入れが簡単などの魅力があります。

型崩れしにくく耐水性にも優れているので、雨などからランドセルを守る役割の「かぶせ」には大切な要素も持ち合わせています。

また、天然皮革に比べ、カラー展開も多く豊富な種類の中から選ぶこともできます

このような理由から、ランドセルの「かぶせ」にはクラリーノなど人工皮革をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です