ランドセルの素材選び|背当てにおすすめの素材と特徴

ランドセルの背当ての役割と素材を選ぶ時のポイント

ランドセルの背当ては直接身体に接する部分が多くなっているので、非常に大切な部分となっています。

背当てと背中がしっかりと密着することでランドセルを支えるという大きな役割があります

素材を選ぶときは肌触りが良いものを選ぶことが重要です。

天然皮革を選択するときはソフトに仕上げられた牛革を用いると良いです。

硬めの牛革を使用するとゴツゴツした感じが残って、背負いづらかったり痛くなってしまいます。

天然皮革は毛穴で呼吸を行っているので通気性が良いというのが特徴です。

毛穴が通気口のような働きをしているので、汗をしっかり吸収してくれます。

吸湿性も有しているので大量の汗をかいてしまいがちな夏でも快適に使うことができます。

温もりがあって高級感を演出してくれるだけでなく、手触りも良いので心地よく使うことが可能です。

人工皮革を選択した場合は、水や汗に強いので夏でも快適に過ごすことができます。

軽いという点も魅力の一つです。

ランドセルの背当てにおすすめの素材とその理由

ランドセルの背当てに使用する素材は、耐久性と通気性があるものがおすすめです。

その理由は、ランドセルは小学校の6年間ずっと使い続けるものなので、すぐにくたびれてしまうと使いづらくなってしまったり、場合によって新しいものを買ったりしなければならなくなるからです。

背当ての部分は背中にくっついているので、消耗が激しくさらに湿気がこもって蒸れやすくなっています。

通気性が良いものを使用することで違和感なく快適にランドセルを背負うことができます。

丈夫で通気性が良い素材は天然皮革です。

天然皮革の中でもソフト牛革は吸湿性があると言われているのでおすすめです。

牛革は天然皮革なので毛穴が存在します。

毛穴は通気口のような役割を担っているので汗をかいてしまった場合でも毛穴から水分を吸収してさらさらと気持ちよくしてくれます。

背中だけでなくランドセルの状態もさらさらにしてくれるので清潔です。

汗をかきやすい夏でも安心して使用することが可能です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です